今さら聞けない!婚約指輪のことが知りたい!

そもそも結婚指輪と婚約指輪の違いは?

そもそも婚約指輪と結婚指輪はどう違うのか、あまりよくわかっていないという男性も多いのではないでしょうか?
結婚指輪は結婚の証として、夫婦がペアでつける指輪のことです。一方婚約指輪は、婚約の記念、証として、男性が女性へプレゼントする指輪のことです。シンプルなデザインが多い結婚指輪に比べ、婚約指輪は一粒のダイヤモンドが施されているデザインが多いです。プロポーズのときに記念として、婚約指輪を用意する男性も多いものです。

婚約指輪のイマドキの相場って?

一昔前は、婚約指輪の相場は給料の約3ヶ月分というセリフもよく聞きました。しかし、現代の相場は一体どれくらいなのでしょう。
実は現代では、給料の3ヶ月分もの婚約指輪を準備する男性の方が少数派なのです。約10万円から20万円が一般的に現代の婚約指輪の平均金額と言われています。思ったよりもリーズナブルに、でも良い品質の婚約指輪があるブランドも増えてきているのです。

婚約指輪は絶対に必要?

婚約の証としての婚約指輪は、せひ欲しいという女性とそうでないという女性に分かれます。
婚約指輪は結婚式までの期間使用することは多いものの、結婚式が終われば結婚指輪をすることになります。そのため、特別なお出かけのとき以外は、婚約指輪はつける機会がなかなかないものです。それならその分結婚式や新婚旅行にお金をかけたい。家具などの生活用品にお金をかけたいと思っている女性も実は意外と多いものなのです。彼女がどちらのタイプなのか、プロポーズ前にぜひリサーチしたいところですね。

目に見える婚約の証拠として一般的に男性から女性に贈られる指輪を婚約指輪といい、挙式で交換する結婚指輪とはわけて考えられることが多いです。