結婚指輪を選ぶときの基準とは何でしょうか?

金属アレルギーが起こりにくい素材

結婚指輪は婚約指輪と違って普段から身につける指輪です。そのため、購入するときには金属アレルギーが起こりにくいものを選ぶ必要があります。そのような結婚指輪の素材としてはプラチナがあります。プラチナは結婚指輪のリングの素材としてよく用いられていますが、その理由の1つが金属アレルギーが起こりにくいからです。もちろん、それだけでなく、傷つきにくいことや経年変化を受けにくいという特徴も人気の理由として挙げられます。ちなみに、プラチナは柔軟性がある素材でいろいろなデザインに対応できますので、オーダーメイド品を作りたい人にもおすすめです。意外な素材としては木があります。木は種類によってさまざまな色合いを発します。他とは違う指輪がほしいという人はカップルで検討してみるといいでしょう。自分がどのような金属アレルギーがあるのかを知らない人は、事前にパッチテストで確認してみることもいいでしょう。

ファッションとの相性も大事です

結婚指輪は普段から指にはめるものなので、普段のファッションと相性の良いものを選ぶことも大切なことです。そのような素材としては、イエローゴールドがおすすめです。イエローゴールドのカラーは黄色人種である日本人の肌と相性が良くカジュアルなファッションにも合っています。また、ピンクゴールドもそのような意味で人気があります。ただし、ピンクゴールドは銅が混ざっているので、変色しやすいというデメリットもあります。指輪に付着した指の脂をこまめに拭き取りましょう。

結婚指輪は、パートナーからの最大の贈り物です。大勢の方は大切にしまっていることが多く、いつまでも思い出として残ります。